クロス、壁紙、床、CF、クッションフロアー、じゅうたん、カーペット、カーテン、ロールスクリーン、ブラインド、襖、障子、抗アレルゲン加工壁紙、内装リフォーム 諏訪市住宅リフォーム助成制度登録施工業者

長野県諏訪市で内装リフォーム業者をお探しなら【インテックハナオカ】

障子の魅力

障子の魅力

諏訪地方を中心に中南信~甲府付近にお住まいの方で、ライフスタイルの変化や老朽化により内装リフォームが頭をよぎったときはインテック ハナオカにご相談ください。

内装リフォームの際には破損個所や使いにくい場所の補修と同時に、暮らしの質を高めるデザインを取り入れ、素敵な住まいを取り戻したいと思うものです。少し前まで日本では洋間の人気が高かったのですが、近年和室の良さを見直す人が増えています。

洋間に和風のテイストを取り入れる和洋折半のデザインも人気です。障子は簡単に和風テイストを取り入れることの出来るアイテムです。それ以外にも障子には日本の住宅で快適に過ごすための工夫が多数施されています。

自然素材で作られている

障子は木と障子紙で作られており無機質感がありません。温かみのある自然の素材が人に安らぎを与え、四季ごとに自然を楽しむ和の気質を表しています。木や紙は温かみがあるだけではなく、高温多湿な日本の夏を快適に過ごすためにも最適な素材です。

木は木材となってからも呼吸をしつづけており、湿度が高ければ吸湿を、乾燥していれば蓄えていた水分を吐き出して加湿を行います。気温の影響も受けにくいため、気温が上がっても障子はひんやりしています。それだけではありません。障子紙には目に見えない小さな穴が多数開いており、ここから換気と清浄化を行っています。ハウスダスト対策にも適した建具といえるでしょう。

熱伝導率の低さ

熱伝導率の高い鉄と違い、木は気温の影響を受けにくい素材です。
そのため外気温が高くなる真夏日でも、障子が熱を遮断する効果が見込めるのです。また障子は冬の結露対策にも適しています。結露は外と内の温度差が激しく、暖かい空気が窓付近で急激に冷やされることにより発生します。

暖房の効いた室内と外気で冷えた窓との間に内障子を使用すると、暖房の風が直接窓で冷やされることがなくなります。また窓を伝わって冷やされた空気が足腰付近に溜まるコールド・ドラフト現象を防ぐことも出来ます。

適度な照明効果

透明なガラス窓に比べ、障子紙は半分ほどの透過率しかありません。障子の透過率は窓から入り込む日光をほどよく遮る役割を果たしています。突き刺さるような日光も障子を通すと柔らかく優しい雰囲気になります。

日当たりを感じながら、眩しすぎないちょうど良い遮光性を備えているのです。そのため窓辺に強いコントラストを作ることなく、部屋全体を明るく見せるという効果があります。室内の照明をつける時間帯には、白い障子紙の反射率と適度に外に光を逃がす遮光性で、ほどよく部屋の明るさを調整します。

諏訪市にありますインテック ハナオカの内装リフォームは、壁紙の張り替えをはじめ、障子やの張り替え、バリアフリー対策など様々なメニューをご用意しております。諏訪市やその周辺で内装リフォームをお考えの方は、是非インテック ハナオカにご相談ください。

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

クロス(壁紙)、床(CF、カーペット)の貼り替えで簡単リフォーム