クロス、壁紙、床、CF、クッションフロアー、じゅうたん、カーペット、カーテン、ロールスクリーン、ブラインド、襖、障子、抗アレルゲン加工壁紙、内装リフォーム 諏訪市住宅リフォーム助成制度登録施工業者

長野県諏訪市で内装リフォーム業者をお探しなら【インテックハナオカ】

空室対策としての賃貸リフォームの必要性

空室対策としての賃貸リフォームの必要性

賃貸物件の空室問題は年々増加を辿る一方です。
オーナー様の利益を圧迫するリスク、その状況を変える術はあるのでしょうか?

入居者がスムーズに決まらない原因とは?

なぜ空室が埋まらないのか?一番の原因として考えられるのが「需要と供給のバランス」です。2015年1月に相続税が改正され、新たな基準で相続税制が課されることになりました。
遺産にかかる基礎控除額が4割引き下げられたことにより、これまでは税金を払う必要のなかった一部の人も納税対象者になることが予想されています。

その影響からか、相続税の節税対策として賃貸住宅の建設ラッシュが起こり始めます。
本来は更地の駐車場だった場所に次々とアパートやマンションが建てられるようになったのです。

一方で、中古の賃貸物件を所有している大家さん側は近隣の新築物件に入居者を奪われ、非常に不利な状況に陥りました。さらに少子化も手伝って供給過多の飽和状態が続くと、そのしわ寄せが賃貸物件に重くのしかかることが懸念されます。

賃貸リフォームのすすめ

現状で入居者を募り空室対策をするためには、「家賃の値下げ」という方法がメインとなります。
家賃を下げるばかりだと利益に繋がらない・・・。では、どのような対策を講じれば良いのでしょうか?「第一印象を良くする」つまり見た目を変えるというのも一つの方法としておすすめします。

長野県諏訪市のインテックハナオカがご提供する賃貸リフォームプランは、キッチンの場所を変更せず設備のみを交換したり、フローリング材の一部張替え、トイレ洗面所を人気スタイルに変更するなど、ローコストな空室対策としてご好評頂いております。

なるべく既存の外装・内装を有効活用しながらのリニューアルを実現し、「入居者がなかなか決まらない」とお悩みのオーナー様へ満室要素を豊富にお届けします。
ターゲットや諏訪市の地域性なども分析した上で「改善すべき点は何か?」を洗い出し、賃貸リフォームによって巻き返しを図っていきましょう。

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

クロス(壁紙)、床(CF、カーペット)の貼り替えで簡単リフォーム