クロス、壁紙、床、CF、クッションフロアー、じゅうたん、カーペット、カーテン、ロールスクリーン、ブラインド、襖、障子、抗アレルゲン加工壁紙、内装リフォーム 諏訪市住宅リフォーム助成制度登録施工業者

長野県諏訪市で内装リフォーム業者をお探しなら【インテックハナオカ】

時代の変化に対応するための内装リフォーム

時代の変化に対応するための内装リフォーム

入居者を獲得し空室を埋めるためには、賃貸物件の需要が多様化している現状を知らなくてはなりません。ニーズに合わせその都度物件を建て直すというのは不可能ですが、外装・内装リフォームなら比較的簡単に行なうことが出来ます。賃貸物件の需要は、時代によってどのように変わったのでしょうか。

付加価値をつけた物件が求められる時代

一昔前に比べ、近年は住まい手の「住」に関する関心・センス・知識が成熟しています。実際に、本屋さんでは住宅や暮らし方に関する雑誌を多く見かけるようになり、自分でプチリフォームする方も増えています。そのため「駅近」「収納が多い」だけでは飽き足らず、これからの時代は付加価値をつけた物件に人気が出てくることが予想されています。

例えば近年増えているのが賃貸リノベーションです。これはクロスや間取りなどの変更を大家が許可し、ある程度自由に入居者がリノベーション出来るシステムです。このような付加価値のついた物件は、現在かなり人気があるようです。

高価でなくとも安物とは区別する

美しさ・早さ・安さが特長の「新建材」を使用して内装リフォームを行ない、空室対策を行なう方もいます。ただ、感性の鋭い若い世代は価格が安い商品と安物とは区別しています。ただ安いだけのものを使用するだけでは、魅力的に思わせるのは難しいでしょう。

また、安物で見た目重視のデザイナーズ風にすると、汚れたら取り替える選択肢しか残らない場合があります。そうすると、これといった特長はなくても一般的なものの方が、多少の汚れであれば気にならない場合もあります。

また、新建材は使い方を間違えると、入居者の入れ替え時に取り替え費用が多額になることも考えられます。付加価値とメンテナンスのバランスがとれた物件なら、入居者も大家もWin-Winの関係が築けます。

入った瞬間の第一印象が重要

分譲住宅の購入と違い、賃貸派は多少不便でも面白さを重視するような軽い感覚で借りる場合も少なくないです。そういった借り手にとっては、内装デザインや雰囲気が何より重要です。そのため、その部屋に入った瞬間に感じる直感が特に大事だといえます。

壁紙の一部にちょっとしたアクセントがあったり、照明や水栓がおしゃれだったり。必要なのはちょっとしたアイディアとセンスです。新生活に楽しいイメージを持たせることが出来れば契約できたも当然といえます。また、障子で区切られた日本の伝統的な間取りは実はとても機能的で、和室の開放性を現代風にアレンジしていくのがこれからの住宅とされています。

長野で賃貸物件の原状回復、中古物件のリフォームならインテック ハナオカにご相談ください。長野にあるインテック ハナオカでは、長野県諏訪地域を中心に内装リフォーム、設計・施工を行っております。クロス、壁紙、、じゅうたん、襖、障子など、内装リフォーム・インテリアのことならお任せください。お見積もりは無料です。

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

クロス(壁紙)、床(CF、カーペット)の貼り替えで簡単リフォーム