クロス、壁紙、床、CF、クッションフロアー、じゅうたん、カーペット、カーテン、ロールスクリーン、ブラインド、襖、障子、抗アレルゲン加工壁紙、内装リフォーム 諏訪市住宅リフォーム助成制度登録施工業者

長野県諏訪市で内装リフォーム業者をお探しなら【インテックハナオカ】

壁の穴の応急処置法

壁の穴の応急処置法

模様替えをしている際、家具の移動などで不意に穴を開けてしまった経験はありませんか。
壁の穴は、そのまま放置してしまうと場所によっては穴が広がることもあり、見栄えもよくありません。
壁の穴は修理を依頼することが先決ですが、どうしてもすぐに修理依頼が出来ないという場合の、壁の穴の応急処置法についてご紹介したいと思います。

1・市販されている壁穴用のアルミ板や壁・下地材と同じ厚みの石膏ボードで穴を塞ぎます。ボードで穴を塞ぐ場合は、下地材との接着力を上げるために下地材の表面に木工用ボンドを流すと良いでしょう。ビスで四方を固定するとより補強力が上がります。

2・アルミ板やボードの間には、微妙な段差や隙間が出来ます。それを無くすために使用するのが、下塗り専用のパテです。パテは2度塗りをし、その後目の細かい仕上げ専用パテを使って丁寧に仕上げていきます。

3・ドライヤーでパテをしっかりと乾かしたら、サンドペーパーなどを使用してパテの表面を綺麗に仕上げていきます。

4・使用されていた壁紙と同様の壁紙を貼っていきます。同じ壁紙が無い場合は、同色の似た壁紙を使用しても良いです。

ここで注意して頂きたいのが、あくまでも上記は「応急処置法」だということを忘れないようにしましょう。
見た目では穴が塞がっているように見えるのですが、下地が無い状態で上から補強しているだけですので、強く押すだけで再度穴が開いてしまいます。もし、壁の穴がよく触る場所にある場合は、出来るだけ早めに修理依頼をするように心がけましょう。

長野県にお住まいの方で壁の穴の修理を依頼される方は、是非、インテック ハナオカをご利用ください。諏訪市をはじめ、茅野、松本、塩尻、伊那地区も対応させて頂いております。

 

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

クロス(壁紙)、床(CF、カーペット)の貼り替えで簡単リフォーム