クロス、壁紙、床、CF、クッションフロアー、じゅうたん、カーペット、カーテン、ロールスクリーン、ブラインド、襖、障子、抗アレルゲン加工壁紙、内装リフォーム 諏訪市住宅リフォーム助成制度登録施工業者

長野県諏訪市で内装リフォーム業者をお探しなら【インテックハナオカ】

フローリングの張替え時期とは

フローリングの張替え時期とは

フローリングは常に私たちの体重を支えているため、少しずつ劣化していきます。
きちんと傷みの状態を確認して、張替えの時期を見極めましょう。

 

フローリングの張替え目安

フローリングの素材や加工の仕方、ライフスタイルによっても傷み具合は差異がありますが、フローリングの張替え目安は、一般的に15年から20年といわれています。
複合フローリングは単板が剥がれると補修するのが難しくなります。合板が見えてきたらリフォームをおすすめします。また、無垢材の場合は傷がつきやすく水にも弱いので、キッチン周りの床が傷みやすいです。無垢材のフローリングは大きな汚れや傷が目立つようになった時期が張替え目安といえます。

 

床鳴り

フローリングの上を歩くと板が軋み、音が鳴るのはフローリングが傷んでいる証拠です。
ドアの周辺やリビングのソファ周辺など、多くの人が何度も行き来する部分は特に劣化が早くなります。床鳴りのするフローリングを放っておくと傷みが広がり、家の土台にも影響を及ぼします。深刻な状況になった場合はフローリングの張替えだけではなく、大規模なリフォームをすることになってしまいます。
早めに専門業者に見せることでリフォーム費用も抑えることになります。分からないことはお気軽にご相談ください。

 

反り

複合フローリングに比べ、無垢材のフローリングは周囲の環境に合わせて収縮や膨張をします。これは木が呼吸しているために起こる現象です。湿度調整をしてくれるので、室内環境を快適にしてくれます。しかし、反りや割れも起こりやすいです。
反りの補修はすぐに手をつけず、1年間様子を見ることをおすすめします。無垢材の呼吸によって再び反りが元に戻る可能性があるからです。1年経っても元に戻らないようでしたらカンナをかけて平らにする方法や、重石を乗せて補修する方法で目立たなくさせることが出来ます。

 

インテック ハナオカではクロスの張替えやフローリング張替えなどの住宅リフォームを行っております。お客様のご要望に応じて施工を行うので、理想のリフォームを実現致します。
茅野市、塩尻市、松本市、岡谷市、伊那市といった諏訪地方だけでなく、中南信や山梨甲府近辺まで対応しております。
お見積りは無料なので、お気軽にお問い合わせください。

 

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

クロス(壁紙)、床(CF、カーペット)の貼り替えで簡単リフォーム