クロス、壁紙、床、CF、クッションフロアー、じゅうたん、カーペット、カーテン、ロールスクリーン、ブラインド、襖、障子、抗アレルゲン加工壁紙、内装リフォーム 諏訪市住宅リフォーム助成制度登録施工業者

長野県諏訪市で内装リフォーム業者をお探しなら【インテックハナオカ】

クロス張替えで失敗しないためのポイント

クロス張替えで失敗しないためのポイント

「クロスが剥がれてきた」「クロスが汚れている」という方の中には、張替えをご検討されている方もいらっしゃるかと思います。クロス張替えは、手軽にお部屋のイメージを変えることが出来るリフォームの一つです。つまり、クロス次第でお部屋のイメージを良くも悪くもするということです。
そんなクロスの張替えで失敗を防ぐためにも是非、以下のポイントを参考にしてください。

 

冒険をすることが大切

クロス張替えリフォームでは、無難なデザインや飽きにくいデザインを選ぶ傾向があります。しかし、いざリフォームが終わると以前との変化があまり無いため、後悔してしまう方が多いのも事実です。
「少し変化を出したかった」と後悔する前にじっくりとデザインを選んでみましょう。もし、冒険したいと思っている方は、色数の少ない地模様タイプの壁紙がおすすめです。地模様タイプは壁面にしっくり馴染み、落ち着いた中にも華やかさを感じさせる空間になります。

 

柄物クロスに注意

柄物が好きな方は、クロスにも柄物を取り入れる傾向があります。しかし、柄物の種類によっては、目がチカチカして落ち着かない空間になる場合もあり、大柄だとお部屋を狭く見せてしまう可能性もあります。
もし、柄物の壁紙クロスを取り入れたいと思っている方は、お部屋の大きさと柄の大きさのバランスを十分に考えることが大切です。大きなお部屋には大柄のクロス、小さなお部屋には小柄のクロス、または一部だけに柄を取り入れるなど、インテリアと柄の相性にも十分に検討した上でクロス選びをすると良いでしょう。

 

スイッチの枠も同時に検討する

綺麗なクロスに変わると、古くなったスイッチの枠が浮いて見えることが多々あります。しかし、クロス張替え後のスイッチ交換は、より費用がかかるだけでなく二度手間となってしまいます。そうならないためにも、スイッチの枠や照明器具、コンセントプレート、エアコンの交換などは、クロスを張替える前に移動しておくことが大切です。特に、エアコンの場合は脱着に費用が発生しますので、効率よく張替えを済ませるためにも、壁に接している物の交換やリフォームは事前にご検討されることをおすすめ致します。

長野県塩尻、茅野、岡谷、松本、伊那にお住まいの方でクロス張替えをご検討されている方は、是非、インテック ハナオカにお任せください。

 

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

クロス(壁紙)、床(CF、カーペット)の貼り替えで簡単リフォーム